水素の発生方法

Hydrogen and suisonia steam

水素の発生方法(方式比較)

水素の発生方法としては2種類あり、
過熱蒸気還元法による発生方法と電気分解による水素発生方法があります。

suisonia

過熱蒸気還元法

水蒸気を作り出し600℃から750℃に熱を加えられた特殊な触媒に接触させることによって水(H2O)から原子状水素(H)を取り出して生成している。

水素と蒸気を同時に吸入することで、粘膜バリアを乾燥させず、初期の生体防御反応(免疫反応)にプラスに働くことが期待できる。

適正濃度の原子状水素を含む蒸気混合ガスを独自に「suisonia」と名付けている。

水素ガス

電気分解

水(H2O)にプラスとマイナスの電極を入れて電気を流すことによって、水素(H)と酸素(O2)に分離している。

安価に水素発生機器を作ることができ、高濃度水素を発生させることができる。

一般的に高濃度水素を吸入する。

私達は過熱蒸気還元法から生成される原子状水素を含む蒸気「suisonia」はMLS研究所において
日々研究を続けています。

  • 1)学術系基礎研究部門によるメカニズムの解明
  • 2)国内・海外病院での臨床系応用研究部門にてエビデンスの蓄積

水素分子と原子状水素の違い



電気分解法で生成する水素分子


  • ● 無色、無臭で、地球上で最も軽い気体。
  • ● 一般的には水素原子が2つ結びついた水素分子(H2
  • ● 活性酸素を除去する抗酸化作用があると言われている。

過熱蒸気還元法で生成する原子状水素


  • ● 原子状水素は電気的に中性な原子で一個のプラス電荷の陽子と一個のマイナス電荷の電子がクーロン力で結合している。
  • ● 反応性が非常に高く、他の電子と化合物を作るか、自身と結合して2原子分子である水素分子(H2)を形成する。特殊な条件下でしか存在できない。
  • ● H-H結合は結合解離エンタルピーが435.88 kJ/molと最も強い結合の一つで、水素分子の反応性は 原子状水素とは比較にならないくらい弱い。
  • ● 原子状水素は、水素分子と比較して、極めて反応性が高いことから還元力が圧倒的に高い。

過熱蒸気還元法と電気分解法の違い

過熱蒸気還元法によって生成される原子状水素、電気分解法によって生成される水素分子、それぞれの仕組みを紹介している短かい動画です。


suisoniaから生成される気体構成

suisoniaは電気分解による水素分子ガスと大きく気体構成が異なり、電気分解では高濃度水素分子を吸入することに対し、過熱蒸気還元法では適正濃度の原子状水素を含んだ混合ガスを吸入することになります。

原子状⽔素を含む蒸気混合ガス
suisonia

スイソニア内部で生成された原子状水素と蒸気を送出するため、空気を取り込んでおり、その混合気体「suisonia」を吸入しています。

⽔素濃度0.1〜0.3%
1時間で送出できる⽔素量は、約60cc

気体構成:原子状⽔素・水素分子・蒸気・その環境の空気

ヒーター部過熱蒸気還元法で⽔(H₂O)から⽔素(H₂)を⽣成 原料⽔(H₂O)⽔蒸気
TOPへ戻る